刺し傷は今も残ったままなんだ

アダルトチルドレン&躁鬱病の愚痴吐き場

父について

さて前回で私は父似とお話しましたが
父は自分に似ている私を可愛がったのか。
答えはノーです。

仕事人間、子育てには参加せず。
そんな父が私に関わってくる時は
急に殴ってくるという場合のみでした。
仕事でうまく行かなかった時、パチンコで負けた時、とにかく機嫌が悪い時に私が目についたのでしょう。
バシーンと殴られました。
もちろん私は泣きましたが、泣くとうるさい!とさらに殴られました。
5歳くらいの頃の父の機嫌が良さそうな時に聞いてみた事があります。
「どうしてお父さんは私を叩くの?」と
父の答えは「お前は馬鹿だから叩かないと分からないからだ。」でした。
とんでもない理屈ですが、当時の私はその言葉をすんなり受け入れてしまいました。
自分が馬鹿だから悪い、自分がいけない、悪い子だから殴られてもしょうがない。そんな諦め。


ちなみに妹は殴られませんでした。
妹は母のお気に入りだったので、殴ると母が騒ぎますからね。
本当に私は母にとってどうでもいい存在だったんだなぁ。